So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

第11回 国際鉄道模型コンベンション出展 「Hbf」 [鉄道模型 総合]

 今年も8月20日から22日の3日間、東京ビックサイトで国際鉄道模型コンベンションJAMが開催された。昨年に続いて、私も「Barよしゆき」のよしゆきさん主催、「Hbf」のメンバーとして参加した。今年はメンバーも増え、展示スペースもかなり大きくなった、よしゆきさんの行動力には脱帽である。21日(土)だけしか会場に行けなかったは残念であったが、昨年以上に楽しい一日となった。
 20日夜は御徒町で、初日の出展を終えたメンバーとともに宴会、さらに二次会まで行って、帰宅したのは1時過ぎ。そのため、21日朝は二日酔いで起きることとなった。東京ビックサイトに着いたのは9時前であった。JAMに出展する他のグループは、非常に精密なレイアウトを用意したところが多かったが、我々のモットーはともかく走らせること。(レイアウトを用意するスペースも時間もないし、全員揃うのが難しいという事情もあるのだが。) 今年は展示スペースが広がったが、それ以上に線路密度も増し、外側がmasatoさんのC-track 3線、その内側がhikariさんのC-track 複線、さらに内側がBOAC VC10さんのM-Track複線、そしてabeさんのNゲージの複線、Zゲージのレイアウトまで用意された。空いたスペースも、masatoさんのターンテーブル付き機関庫やT-zugさんの風力発電のモジュールが設置され、建物を置くと、ほぼ空いたスペースがない状態となった。結果として、同時に10列車以上が常に走り回る状態となり、これが我々の最大の特徴となった。

P1020782.jpg

 朝一番のお楽しみはICE 3祭り、HOで3編成、Nで2編成、、Zで1編成、計6編成のICE 3が走り回った。架線の下を走るICE 3も素晴らしいが、hikariさんの自慢のお手軽スラブ軌道を快走するICE 3もなかなかのものである。

P1020786.jpg

P1020780.jpg

 masatoさんの用意されたC-Trackのうちの1線は自動運転、オーバルに閉塞区間が設けられ3列車が走っていた。残念なのは、自動運転であることになかなか気が付いてもらえないことであるが、非常に興味深かった。

P1020819.jpg

 機関庫は昨年に続いての登場、やはり存在感がある。

P1020806.jpg

 T-zugさんのモジュールでは風力発電所が目立つ。その下ではタンク車が脱線転覆しており煙を上げている。消防列車が救援に向かうが、クレーンを使って消防車を下ろ・・・・そうとするが、なかなかうまくいかない。この消防車、どうやら役に立ちそうにない。

P1020808.jpg

 M-Trackは新旧のメルクリンモデルが快走、SLの重連はやはり迫力がある。

P1020822.jpg

 NゲージはICEやTGVなどの高速列車が中心、abeさんはスケールスピードというより、がんがん走らせるのがお好きなようで、私以上の暴走族ぶりを見せていた。

P1020798.jpg

 FさんのZゲージレイアウトは卓袱台の上に設置、懲りすぎない、オーソドックスなレイアウトは列車が引き立って私好みである。

P1020793.jpg

 JAMを最も堪能されたのはhikariさんではないかと思う。
103コレクションを並べたかと思えば・・・・

P1020800.jpg

 HOのルフトハンザー・エアポート・エクスプレス仕様の103にNゲージとZゲージの103を牽引させ・・・・

P1020802.jpg

 果ては、プラレールの500系hikari (断じてのぞみではない)のAC仕様・・・・。その器用さにはただただ感服である。

P1020801.jpg

 他のブースで印象に残ったものを紹介しておこう。モデル・アイゼンバーン・クラブさんは我々とはうって変わって、素晴らしく作りこまれたレイアウトを展示していた。特にブドウ畑の美しさ、トラムの走る町、空港の滑走路などは印象的であった。

P1020810.jpg

P1020811.jpg

P1020818.jpg

 圧巻は、新しく製作したという跳ね橋、ちゃんと可動するのは驚いた。この精度を出すのも大変だろう、と感心するばかりであった。

P1020815.jpg

P1020816.jpg

 昨年も参加されていたHawaian Pacific R.R.さんはレイアウトがさらに充実。線路が水没した中、沼や川の中をゆっくりと列車が走っていた。地面を作る楽しさを堪能させてくれる展示であった。

P1020824.jpg

P1020825.jpg

 常連の結伝社さんは日本型はおろか、ヨーロッパ、アメリカ、アジアまで多種多様なNゲージ車両を展示していた。自作モデルも多く、見応えがあったが、個人的にはこの車両が登場していたことに驚いた。

P1020830.jpg

P1020831.jpg

 Akiraさんのクリニックのお手伝いも無事に終わり、Hbfブースで列車を走らせていると、いつの間にか18時、本日の終了時間となった。
 Hbfメンバーで新橋のドイツ料理店でビールを堪能し、さらにBarよしゆきでもう一杯、これで帰宅と思いきや、私の自宅のすぐ近くのホテルに宿泊するT師匠と最後にビールを一杯飲んで、楽しい一日を終えた。

 Hbfのメンバーの皆さん、ご来場いただいた皆さん、本当に有難うございました。
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 3

Akira

こんばんは、HUHさん。

ブログ更新お疲れさまです。またJAMでは大変お世話になりました。それにしても私の知らない美しいレイアウトの数々...。見とけば良かった..と、ちょっと後悔しています。ご紹介ありがとうございます。
by Akira (2010-08-25 23:28) 

abe

ICE3復活オメ!
by abe (2010-08-29 11:46) 

HUH

Akiraさん、こんにちは。
JAM当日はお忙しかったでしょうから、確かになかなか他ブースをご覧になる暇はなかったかもしれないですね。私も少ししか見られなかったのですが、それぞれ特徴が出ていて、面白かったです。

abeさん、こんばんは。
どこから情報を聞きつけたのでしょうか(笑) とりあえず一安心ですが、今後のために予備編成が1~2編成必要ということでしょうか??
by HUH (2010-08-29 19:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0