So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2017年12月ダイヤ改正 (Düsseldorf近辺の動向) [デュッセルドルフ報告]

 ヨーロッパでは例年12月にダイヤ改正が行われており、今年も12月10日から新ダイヤに移行する。ドイツ鉄道の公式サイトや各種サイトでその詳細が紹介されている。
https://inside.bahn.de/winterfahrplan/
http://doppeltraktion.seesaa.net/article/454835124.html
 今回のダイヤ改正の目玉は最高300km/hの高速新線Ebensfeld–Erfurt (107 km)が開通することである。これにより、BerlinとMünchen間の高速化プロジェクトVDE 8が完成し、大幅なスピードアップが実現する。特に新設される1日3往復の速達列車ICE Sprinterは最高300km/hのICE 3 (403形のうち、信号システムETCSに対応するリニューアル編成)による運転となり、両都市間の所要時間は6時間から「4時間の壁」を破る3時間55分に短縮される。ICE 3ファンとしては見逃せない歴史的な出来事ということで、12月10日ダイヤ改正初日、BerlinからMünchenへのICE Sprinterの1番列車の指定券を早速確保した。今から乗車するのが待ち遠しい。

37051263062_1f8c3005e4_o.jpg

 とはいえ、個人的に最も気になるのは地元Düsseldorf近辺の動向である。今回の改正でICE 3はBerlin - Münchenに加え、Berlin – Frankfurt(M)間の一部のICEにも投入されており、NRW州とFrankfurt(M)を結ぶ路線の減便など何らかの影響がないか心配であったが、新ダイヤを見る限り殆ど変化はないようだ。ただし、ICE-Linie 10 (Düsseldorf/Köln -Berlin)で唯一ICE 3で運行されていた1往復が、他の列車と同じくICE 2による運転に変更となる。

CSC_0228.jpg

 興味深いのはこれまでBerlin – Münchenに運用されたいた元Metropolitan車両を用いたICEである。新ダイヤではICE 1193/1196 (Berlin Ostbahnhof – Frankfurt Flughafen, 毎日)に加えて、ICE 1040/1043 (Berlin Ostbahnhof – Düsseldorf Hbf)に金曜・日曜もに運用されるのである。当地に元Metroporitan編成が顔を見せるのは2009年以来、今から楽しみだ。

2-d47ff.jpg

 さらに、Düsseldorf – Koblenz - Luxemburgを結ぶ直通列車が1日1往復新設される。Düsseldorf – KoblenzはIC、Koblenz – LuxemburgはREとして運転され、車両はCFLのStadler製2階建て電車KISSが用いられる。座席指定はDBのサイトではできず券売機または窓口のみ、車内販売もKoblenz – Trier間のみと何かと制約もあるようだ。本来REに用いられる車両のICということで色々と議論を呼びそうな列車ではあるが、鉄道ファンとしてはルクセンブルクの車両が地元で見られるだけでも嬉しい。

DSC_0706.jpg

 この他、S-Bahn S6系統の運行間隔が休日は30分間隔だったのが20分間隔に変更されることも報道されている。

22405716_1475252215889960_5746795633384103151_n.jpg

 とはいえ、劇的な変化を遂げるドイツ東部に比べ、Düsseldorfの変化は少ない。昨年から試験的営業運転が行われていたICE 4も本格デビューとなるが、5編成がHamburg – Würzburg - MünchenとHamburg – Frankfurt(M) - Stuttgartのみで当地ではお預けである。

31973587040_3d4a17fd2f_o.jpg

 私のドイツ滞在もあと3か月あまり、帰国するまで身近なドイツ鉄道を楽しみたいと思う。
nice!(7)  コメント(2) 

nice! 7

コメント 2

JR浜松

HUHさん、nice!有り難うございました(^^。

当方、欧州方面は全く行った事が無い初心者ですがよろしくお願いいたします。(ドイツ語も全くダメですが、それでも鉄道旅行しようと考えています)
写真とても綺麗に撮れてますね♪
ICE格好良いですね。
by JR浜松 (2017-11-19 16:21) 

HUH

JR浜松さん
コメントを有難うございます。魅力的なレイアウトや、精力的な模型収集など楽しませて頂きました。日本の鉄道も懐かしくなってきました。
今後もどうぞよろしくお願いします。
by HUH (2017-11-20 01:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。