So-net無料ブログ作成

レイアウトの改良と走り初め [鉄道模型 レイアウト]

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
 今年は仕事も既に色々と予定があり、家族も増える予定で、動きの大きい1年になりそうだが、その中でもドイツ鉄道や鉄道模型を楽しんでいきたい。もちろん、新製品の発表も楽しみである。

6.jpg

 秋からしばらく忙しい日が続いたが年末年始はようやく一段落、久しぶりに模型部屋に入り、掃除をしつつレイアウトに手を加えた。秋に新たに樹木が届いたので、元々植えてあった樹木も含めて新たに並べなおした。手前の直線沿いの樹木は背の高いものをなるべく並べた。これはオーバルの反対側とシーナリーを遮断する意味がある。さらに、Fallerのバラストシートを複線オーバルの中央に敷設する作業を進め、半周分の作業は終了した。

1.jpg

3.jpg

2.jpg

 2019年の走り初めはICE 3と蒸機2種。

4.jpg



5.jpg

 こういう風景を再現したくて、オーバルの手前を駅ではなく、森林を背景とした直線区間としたのである。
 電化区間だが、電化が進み始めた時代の姿と割り切れば、蒸気機関車を走らせるのも悪くない。重貨物機44形はウエザリング仕様、この重厚感はたまらない。

7.jpg



 さらに、ドイツ生活を通じて最も好きになった蒸機、高速旅客機01.10形。

9.jpg

8.jpg



 引き続き、少しずつでもレイアウトを進化させていきたい。
nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。