So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
鉄道模型 Fleischmann ブログトップ

DB Baureihe 101 (Fleischmann 4355) [鉄道模型 Fleischmann]

ICEの陰に隠れがちとはいう点で103形には及ばないにしても、ICなど長距離列車の牽引に活躍する101形は、ドイツの電機の顔とも呼べる存在である。そんな101形は模型も多く、HOについてはMaerklin、Roco、Fleischmannと3社競作となっているほか、最近になってPikoも廉価版を発売した。今日はFleischmannの101形を紹介したい。

101_1.jpg

Fleischmannの101形は1997年に発売された。3社の中で最後の発売で、他メーカーがまずOrientrot塗装の101 001を発売したのに対し、Fleischmannは鮮やかなVerkehrsrot塗装をまとった101形を製品番号#4355で製品化した。

101_2.jpg

特徴は、Fleischmann伝統の平型モーターと片軸駆動の代わりに、両軸モーター・全軸駆動に変更されたことである。この新しい動力方式は、静粛で低速がよく利く一方で、Fleischmannらしいシャーっという胸のすくような走りが失われてしまった。そのため、Fleischmannファンの中でも賛否両論があると聞く。

101_3.jpg

車体はプラスチック製である。実車が滑らかな車体を持つことから、ディテールも特別細かいわけではないが、バッファー上のステップのメッシュがちゃんと抜かれており、手摺なども車体と一体の表現ながら、極めて実感的である。

101_6.jpg

101_4.jpg

Verkehersrot塗装はやや光沢を抑えているが、非常に鮮やかで美しいものとなっている。Verkehrsrot塗装の美しさは、Fleischmannが他メーカーを遥かに凌駕していると思う。もちろん、標記類の印刷も細かいものまで万全である。
屋根上はオーソドックスな表現である。パンタグラフは架線集電が可能である。

101_5.jpg

全体としては、101形らしさをバランス良く表現しており、数ある101形の中でも、Fleischmannの101形が最も優れていると思う。Fleischmannは広告塗装機の製品化に熱心とは言い難いが、それでも幾つかのバージョンがこれまでに発売された。
このFleischmannの#4355は101 005 (デジタルバージョンは101 006)として発売され、その後101 027に変更された。私が所有するのも101 027である。#4355は発売以来10年以上カタログに掲載されている。ドイツ鉄道のメジャーな車両を、一貫して安定供給するFleischmannの姿勢は大変好感が持てる、それだけに破たん後もこの姿勢を維持して欲しいと願うのである。
nice!(2)  コメント(0) 

DB Baureihe 146.0 (Fleischmann 4324) [鉄道模型 Fleischmann]

ルール地方を含めたNordrhein-Westfalen (以下NRW)地方はヨーロッパ有数の人口集中地帯であり、古くから鉄道網が整備されてきた。近年は多数のRE (RegionalExpress)とS-Bahnにより充実したネットワークが形成され、特にREは主要都市を最高160km/hの高速で結び、いつも混雑している。そして、この地域のRE牽引において、中心的な役割を果たしているのが146.0形である。
今日はAkiraさんがメルクリンの146.1型を紹介されたので、私はこの146.0形の模型を紹介したい。

146_1.jpg

146.0形はFleischmannが唯一製品化している。146.1形はMaerklin/Trix、146.2形はRoco (Trixもそろそろ発売するはず)と、メーカーごとに異なるのは面白いところである。
模型は実車の滑らかな車体が良く再現されている。表記類は細かく再現され、地域の紋章も美しく表現されている。屋根上はパンタグラフも含め比較的あっさりとした造りであるが、このような現代の電機には、この方が似つかわしいのかもしれない。とはいえ、ホーンやルーバーなどディテール表現はきちんとなされている。

146_3.jpg

前照灯・尾灯は進行方向にあわせて点灯する。嬉しいのは、行先表示も単なる塗装やシールではなく、きちんと透明プラパーツを用いて表現され、走行時には点灯することである。ちなみに表示は「RE 1 Aachen」である。

146_5.jpg

下回りに眼を向けると、ディスクブレーキの表現が秀逸だが、その他の床下機器も手を抜かずに、細かく再現されている。動力はFleischmann伝統の平型モーターによる片軸駆動ではなく、車体中央にモーターを置き、全軸をシャフトを介して駆動する方式である。101形と同様の方式で、低速での走行性能も良く十分に満足できるが、Fleischmann独特とは異なり、賛否両論があるところであろう。

146_4.jpg

146.0形は同じくFleischmannから発売されている2階建て客車が最もよく似合う。実車にこだわるなら、客車4~5両の編成が適当である。

146_2.jpg

146形の製品でも、このFleischmannの146.0形は目立たないものの、最も素晴らしいと思う。もう一両購入して、AC改造、フルサウンド化し、AC・DC両方で楽しみたいと思うのであるが、それが可能なのだろうか。可能であればどのようにすれば良いか、詳しい方には是非教えて頂きたい。


146photo17.jpg

146.0形は31両が製作され、現在はKoelnとDuesseldorfに配置されており、NRW地方に集中的に投入されている。146.0形が担当するのは以下の路線である。

RE 1 (NRW-Express)
Aachen - Koeln - Duesseldorf - Essen - Dortmund - Hamm

RE 2 (Rhein-Haard-Express)
Moenchengladbach - Duisburg - Essen - Muenster

RE 5 (Rhein-Express)
Koblenz - Bonn - Koeln - Duesseldorf - Emmerich

RE 6 (Westfalen-Express)
Duesseldorf - Essen - Dortmund - Hamm - Bielefeld - Minden

RE 78 (Porta-Express)
Bielefeld - Minden

ご覧の通り、投入されている路線はICEやICが通るメインラインなかりであり、146.0形はまさに、この地域の花形車両と言えよう。


Baureihe 146 / RiG
http://www.rig-bahn.jp/db-page/j-146.htm
nice!(2)  コメント(0) 
鉄道模型 Fleischmann ブログトップ